伊平屋島への旅の魅力を知ろう

沖縄本島から近い伊平屋島

伊平屋島は、沖縄県の北部に位置する伊平屋伊是名諸島の一つを形成する離島です。面積は約20平方kmで地形的には平地エリアと山岳エリアに分かれており、標高200m前後の低山が多数あるのが特徴といえます。石垣島をはじめとする八重山諸島や宮古島、あるいは久米島と比べても圧倒的に沖縄本島から近い場所に位置しており、今帰仁村の運天港からフェリーで80分です。沖縄本島の玄関口である那覇空港から運天港までのアクセス方法については、まずは那覇空港からバスで名護市の名護バスターミナルに向かいます。このバスターミナルからはタクシーで運天港まで向かう形が基本です。

ちなみに那覇空港から名護バスターミナルまでの所要時間は1時間50分ほどで、ここから船乗り場までは約12km程度のため、決してアクセス環境の悪い島ではありません。

伊平屋島の名所について

伊平屋島の陸地の周囲にはサンゴ礁が取り巻いており、各ビーチには浅瀬の海が広がっています。そのため、ビーチサンダルを履いてお子さんからお年寄りまで幅広い人達が海で水遊びを出来ますし、エメラルドブルー(グリーン)の海の美しさは圧巻です。ちなみにこの島の幹線道路沿いには「伊平屋七景」という7つの名所があり、一つずつ巡っていくとそれぞれのスポットではSNS映えする魅力的な写真が撮れます。海や伊平屋七景以外で言うと、国指定天然記念物の「伊平屋島の念頭平松」も人気です。この松の木は280年前に植えられたもので、1994年に木の周りが整備されて公園となった歴史をもちます。

山関連では、腰岳の山頂付近には屋根付きの展望台があり、こちらからは360度パノラマの見事な景色を堪能しながら食事を摂ったりする事が可能です。

沖縄ツアーは一年中過ごしやすく、航空券や宿泊、ダイビングはもちろん人気のアクティビティも全部セットでお得です。

© Copyright Okinawa Tours & Activities. All Rights Reserved.