竹富島への旅の魅力を知ろう

竹富島の位置やアクセス環境について

竹富島とは、沖縄県南西部に位置する八重山諸島の一角を占める島で、島全体が竹富町という自治体の敷地になります。すぐ近くにある石垣島(石垣市)との縁が深く、町役場は竹富島を構成する幾つかの島の中ではなく、石垣島の中にあるほどです。面積は5.5平方kmで山はなく平地が続きますが、島の面積の約7割が森林地帯となっています。小さな島で空港がないため、一見、アクセス環境が悪いように見えるもののそんなことはありません。隣接する石垣島は那覇空港を経由しないとアクセスできない島ではなく、全国の主要空港から直行便が出ています。そして、石垣島南部に位置する離島ターミナルから高速船に乗れば、なんと約10分でこの島まで到着します。つまり、日帰りは厳しいものの1泊あれば東京や大阪からでも十分充実した旅を実現させる事が可能です。

竹富島の魅力や楽しみ方について

竹富島の中央部には、屋根の赤いレンガ・サンゴを積み上げた石垣・門や屋根の上のシーサーを特徴とする昔ながらの住宅が沢山建ち並ぶ集落があります。この集落は重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、島の大きな観光資源となっています。なお、ただの住宅街ではなく民宿はたくさんありますし、郷土料理を提供する飲食店も数多く出店しており、そんなこの地区は人気上昇中です。また宮古島のように広い森林がない島とは違って南部・東部には広大な森林地帯が広がってあり、人ごみから離れた場所で森林浴や生き物との触れ合いを楽しむ事も出来ます。海に関しては隆起サンゴ礁から成る島のため、砂浜のそばには浅瀬の海が広がっており、幅広い人達が海水浴・水遊びなどを楽しむことが可能です。

西表島のツアーに参加したいなら、各旅行会社の料金を比較しましょう。格安航空券で行けるツアーもありますので、とてもお得です。

© Copyright Okinawa Tours & Activities. All Rights Reserved.