宮古島への旅の魅力を知ろう

亜熱帯の楽園宮古島ってどんな島

宮古島は、沖縄本島の南西約290kmの海に浮かぶ三角に近い形をした島です。周囲には大小8つの島があり宮古諸島とよばれています。気候は一年を通して平均気温は24度ほどと暖かく、亜熱帯気候です。美しい自然に恵まれ、マングローブやガジュマルといった亜熱帯の植物が茂り、独特の宮古ブルーと称される澄み切った海に囲まれています。海の中は透明度が高く、珊瑚礁では美しい熱帯魚が群れ遊び、ゆうゆうと泳ぐウミガメと出会うこともあります。それぞれの特徴のあるビーチや海岸線が続き、海水浴やシュノーケリング、ダイビングはもちろん、さまざまなマリンスポーツに挑戦できます。 琉球王国時代の歴史を感じられるスポットも多く、日本にいながら異国情緒も感じられます。

宮古島で、海上ドライブ、海上散歩を楽しもう

泳いだりマリンスポーツを楽しんだり名所観光する以外に、宮古島ならではの体験できることとして、海上ドライブがあります。2015年に開通した伊良部大橋は、宮古島から伊良部島、下地島を結ぶ全長3540mの橋で、無料で渡れる橋としては日本一長いものです。青い海を貫く橋は異世界へ続く一筋の道のようで、何にも邪魔されずに走りぬく爽快感はほかのどこでも得がたい体験です。季節や時間によって表情を変える絶景が望める橋は、車でのドライブはもちろん、歩いたりサイクリングでも渡ることができるので、スケジュールや気分にあわせて自分なりに楽しめるのが魅力です。ほかにも来間島に行く来間大橋や池間島に行く池間大橋があり、それぞれ違った味わいの海上散歩を楽しむことができます。

竹富島のツアーはとても人気が高いので、旅行会社の企画をチェックしましょう。珍しい魚を観察できるエコツアーなど、竹富島ならではの企画もあります。

© Copyright Okinawa Tours & Activities. All Rights Reserved.